葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

葬儀の受付を依頼する際の傾向の写真

葬儀の受付を依頼する際の傾向

葬儀の受付の仕事は、町内、会社、親族などの関係によって分類されることがあります。

原則として町内関係は町内の人が、会社関係は会社関係者が受付を担当することになります。ただし、親族の場合はこの限りではありません。というのも、親族や遺族は喪主に挨拶をし、喪主の前に着席しなければならず、最後まで物理的に受付業務を行うことができないからです。

しかし、家族葬の場合は、そもそも家族や親族だけが参列することになるので、親族が担当することもあります。若い人が担当することもありますが、年齢に関係なく、どの年代の人でもお願いすることができます。もちろん、葬儀の受付については、「この人はやってはいけない」というような明確なルールはありません。しかし、一般的には会社関係者や友人などの関係者が選ばれます。会社の総務部に所属している場合は、受付の仕事をしている可能性が高いです。

葬儀の中には、町内や親族、会社で受付を分けず、会社の総務部の人にすべてを任せるところもあります。ちなみに、お金を扱うので、トラブルを避けるために葬儀社の担当者が受付を担当することはありません。しかし、人手が足りなくて代行してくれる人がいない場合は、規模が大きい場合は相談してみるのも良いでしょう。

また、現金集計や来賓名簿の整理などの葬儀受付業務を行っている会社もあります。規模が大きすぎて普通の受付では対応できないなど、特別な理由がある場合には、このサービスを利用するのも一つの手かもしれません。

葬儀 府中