葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

依頼された際の対処

依頼された際の対処の写真

受付を依頼された場合は、原則的に引き受けるべきです。

故人との関係が浅かろうとも、深くとも、一般的には断ってはいけません。また、遺族は、故人との関係がそこまで深くなければ、落ち着いて事務処理ができるだろうと考えて、引き受けてほしいと依頼することもあります。一方で、学生時代の思い出の中であなたのことをよく聞いていたので、特別な仕事をお願いしたいと思って問い合わせてくることもあります。人の死は必ずどこかのタイミングで訪れるものです。しかし、ご遺族にとっては、唯一の大切な人の死です。受付で声をかけられた人が断ってしまうと、遺族は新たな受付を探す手間が発生します。遺族から直接聞かれた場合は、簡単なお悔やみの言葉をかけてから「お受けします」と伝えましょう。また、故人の遺族が会社に報告する場合、命令である可能性があるので断るのは現実的ではありません。葬儀の受付は、依頼された場合は原則として応じるべきです。しかし、場合によっては、自分で立ち上がることができない場合もあるでしょう。このような場合は、断ればいいのです。しかし、返事を長引かせるのは良くありません。どうしても受け入れられない場合は、最初に断るようにしましょう。

葬儀 府中