葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

葬儀受付の流れ

葬儀受付の流れの写真

受け取った香典は会計係に渡し、芳名帳への記帳をお願いする、香典返しを渡すなど受付には様々な役割があります。

何をしたらいいのか、何ができるのかは、そもそも受付の人数によって変わり、受付の数が少ない場合は、会計担当者がいない場合もあります。このような場合、香典を開封してその場で金額を確認することは困難です。ある程度の人数がいて、披露宴会場の準備ができている場合は、会計を他の人に委任することができます。受け取った香典を会計係に渡して整理するのは簡単です。ただし、この場合でも、当然ながら喪主の前で香典を開くことは控えるべきです。また、会計係は原則として2人以上で行うようにしましょう。喪主にお金を数えているところを見られないように注意しましょう。この場合、会計係とパソコン事務員は受付待合室に残り、喪主の目の届かないところでまとめておくのが一般的です。ただし、場合によっては、受付係の人手が足りない場合や、式の内容がわかりにくい場合もあります(例えば、1つのホールでは足りない場合や、リアルタイムでスクリーンに葬儀の様子を映し出して、他のホールで参列できるようにするなど)。場合によっては、案内係が役に立つこともあります。受付係が何をするかは、受付の人数によって異なります。受付の人数は当日にならないとわからないこともありますが、他の受付の人と会ってからそれぞれの役割を決めておくといいでしょう。最近では、お香典を断る葬儀もよく見かけるようになりました。そのような場合は、受付に「お断りします」という張り紙がされていることが多いでしょう。それでも、受付で香典を渡そうとする人もいるかもしれません。その場合は、口頭で断るようにしましょう。香典を辞退することが遺族の意向であれば、受付の方もそれに沿うようにしましょう。また、それでもやむを得ず...という場合に備えて、事前に葬儀社のスタッフに確認しておくことをおすすめします。香典を断るように言われても、自分だけで判断してはいけないので、受け取った方がいいでしょう。

葬儀 府中