葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

葬儀受付の服装

葬儀受付の服装の写真

基本的には参列者の服装に従います。

ただし、男性の場合は黒のスーツを選んだ方が良いでしょう。一般的なお通夜の場合、喪主はダークスーツを着用しても良いですし、受付でもダークスーツを着用しても構いませんが、黒のスーツを着用した方が良いでしょう。白のシャツと合わせましょう。また、ネクタイや靴下も黒にしましょう。女性の場合は、黒かダークスーツを着用しましょう。ワンピースのスーツの方が使いやすいでしょう。夏でも七分丈や長袖のスーツを着用しましょう。ちなみに、制服は社葬の場合のみ可。肌色のストッキングでも構いませんが、黒のストッキングが望ましいです。メイクは控えめに。顔色が悪すぎて病人と間違われるなどの特殊な状態でない限り、赤面は避けましょう。また、ラメ入りのメイクアイテムも避けましょう。一面的なメイクという考えから口紅が好ましいと考える人もいれば、社会人は口紅をつけるべきだと考える人もいます。後者の見解を取ったとしても、派手すぎる口紅は避けましょう。また、グロスも使わないようにしましょう。ジュエリーは原則として身につけないようにしましょう。パール系のジュエリーは問題ありませんが、必須ではないので身につけるべきではありません。もし身につける場合は、必ずシリーズでつけるようにしましょう。二列に並んだ指輪は、悲しみが重なっていると考えられて嫌われます。結婚指輪に関しては、外す必要はありませんが、気になる場合は外しておきましょう。時計に関しては、賛否両論ありますが、受付の方の中には、時間を把握するために持っておきたいという方もいるでしょう。その場合は、カジュアルすぎるものや高級すぎるものは避けて、黒の革のものを選んだ方が無難です。文字盤は白であることが望ましいです。スマホなどで時間を確認するのは避けた方が良いでしょう。受付をする人なら、バッグを持っていくのもいいでしょう。男女ともに、バッグは黒のものを選びましょう。また、靴も黒を選びましょう。靴は履き心地が良く、テカテカしていないものが良いでしょう。バッグにしても靴にしても、金具のないものを選びましょう。髪の毛については、男性は髪を短くして黒くし、櫛でとかして清潔感を出しましょう。最近では茶髪でも良いとされることもありますが、男性の髪色は女性よりも厳しく見られているので、黒髪にしておいた方が無難です。特に学生時代は、受付を頼まれていたので、受付の仕事をすることになりました。しかし、急な用事で美容院に行って髪を染め直しに行けない...という場合は、カラースプレーを使うといいでしょう。女性の場合は、髪の毛をリボンで縛って整頓しておくのが望ましいです。ヘアアクセサリーは黒で大きすぎないものが良いでしょう。テカテカしていないものを選ぶのが常識です。最近では葬儀用のヘアアクセサリーも販売されていますので、一つ持っておくと良いでしょう。

葬儀 府中