葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

葬儀の受付のまとめ

葬儀の受付のまとめの写真

葬儀の受付を打診されたら、よほどの不都合がない限り断るべきではないです。

また、肉親ではない人が受付係を頼まれることも多く、会社関係であれば会社の関係者ということになります。病気や遠方に住んでいるなどの理由で引受っれない場合は、声をかけられたらすぐにその旨を伝えましょう。返事が遅れないようにしましょう。通夜の受付を務める場合は、30分~1時間前には到着するようにしましょう。受付で何をする必要があるかは、人数によって異なります。まずはこれを把握しておきましょう。業務分担は自分で行うことになりますが、それ以外のことは葬儀社のスタッフに聞いてみましょう。葬儀の手続きはお通夜とほぼ同じです。ただし、お通夜とお葬式の両方に来た人にどのように対応するかを決めておく必要があります。基本的には、お通夜に来た人が来た場合は、香典は受け取らず、芳名帳に書いてもらうのがベストです。受付は遺族の側に立っています。そのため、喪主には礼儀正しく接するようにしましょう。ただし、もちろん遺族自身ではありませんので、香典を受け取る際には「お受けします」と言っておきましょう。服装については、ダークスーツを選びましょう。靴やバッグは黒で金具のないものを選びましょう。男性の場合は黒髪が標準です。女性は少し茶髪でも構いませんが、邪魔になる場合は黒のリボンですっきりとまとめましょう。学生が受付を担当する可能性は低いですが、受付やその手伝いを頼まれた場合は特に制服を選びましょう。なぜなら、制服は学生にとって最も格式の高い服装だからです。葬儀の受付は、故人や遺族に声をかけることができる役割です。きちんとした振る舞いをすることが大切です。

葬儀 府中