葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

参列者のマナー

参列者のマナーの写真

お通夜の場合、喪服の準備が間に合わなくても、急いで行ったことには変わりありませんので、それほど問題にはなりません。

男女ともに、スーツは濃い色やグレーのものを選びましょう。女性の場合はワンピースでも構いません。靴下やストッキングは黒を選びますが、女性のストッキングは肌色でも構いません。男性のネクタイは黒か落ち着いた色が一般的です。しかし、静岡などの地域によっては、準備していたように見えるため、あえて普通のネクタイを着用することもあります。しかし、そのような場合でも、念のために黒のネクタイを持参することをおすすめします。葬儀や告別式では、男性も女性も黒の正装を選ぶのが一般的です。男性の場合は、スーツに白シャツに黒ネクタイを着用します。女性の場合は、夏場であっても半袖は避け、肌の露出の少ない服装を心がけましょう。靴下は、男性は黒を選びます。また、女性は黒のストッキングを選ぶようにしましょう。ただし、足を引きずっていてスカートが履けない場合や、体調が悪くてスーツの着脱が難しい場合は、黒のブラウスやパンツを選んでも良いでしょう。子供に式に出席してもらう場合は、制服を着用するのが基本です。制服はきちんとしたものを着用し、邪魔にならないようにしましょう。子供の場合は、ローファーでも構いません。制服がない場合は、無地の色のブレザーやスカートを合わせて着用します。就学年齢に達していない子供の場合は、控えめな色の服を着せても構いません。

葬儀 府中