葬儀の受付を頼まれた際のマナー - 府中市での家族葬で好評の葬儀社

受付対応の作法

受付対応の作法の写真

葬儀で受付を任されたときには、遺族の味方であることを意識したいものです。

道案内の際には参列者に対して丁寧な言葉遣いをしなければなりません。挨拶の際には「本日はお忙しい中、ご参列いただきありがとうございました。」という言葉を忘れないようにしましょう。遺族の立場に立って、喪主に感謝と感謝の気持ちを伝えることを忘れてはいけません。受付担当者が遺族の側に立っているといっても、もちろん遺族自身ではありません。そのため、お香典を受け取った際には、受付の方にお返しをして、遺族を代表して受け取るために立ち会っていると思ってください。また、受付を担当していたとしても、遺族ほど多くのことを知っているわけではないかもしれません。葬儀社のスタッフは、ご遺族の想いを直接聞ける立場にあり、葬儀全体の知識はもちろん、葬儀社独自のルールや慣習にも精通しています。ちなみに、葬儀には担当者がいて、この人が中心となって遺族とのコミュニケーションを取ることになります。受付の人がこの人のことを知っていて、その場で連絡が取れるようになっていればベストです。しかし、この人が誰なのかわからない場合や、いない場合は、葬儀社の担当者に連絡することができます。その人がどうしたらいいのかわからない場合は、上の人に相談すればベストな答えを出してくれるでしょう。

葬儀 府中